【考察】クオツリトスには風か雷か

こんにちは!我が家にエマージェンシートライアル『赤子』が実装されてから寝不足に悩まされるヴェルスキンです!一昨日なんて「寝かせてなるものか」とばかりにギャンギャン泣くので、結局朝の5時頃まで付きっきりで見事に昼夜逆転して猛烈に眠い日々を送っております。

さて、去る2月2日にフレンドに誘われてギドラン・トリガーを3パーティーで連続して使う、いわゆる『電車トリガー12連』に参加してきました。

12連のはずが、どこかの優しい支援特化おじさんと金髪ロリ少女なチムマスさんがトリガーを追加してくださって、結局電車トリガー15連に!しかも、15連終わって東京探索クエストを消化していたところ、呼んでもいないのにトレイン・ギドランさんが2本も増発してくれました!

ギドランを17本(それとも編成?)も廃車にした結果は、☆13武器が2つ!

クオツリトスとクオツケアン

ヴェルスキンは今まで☆13を4つしか手に入れてなかったので、なんと50%増し(当社比)です!味をしめたヴェルスキンは早速カジノエリアで小一時間程ニャウからカジノコインを巻き上げ、トリガーを1つ倉庫にしまっておきました。(^q^)


さて、ここからが本題です(前置きが長い)。

タリス使いとしてはクオツリトスを使ってみたいところですが、クオツリトスの潜在能力『天晶気光』の与ダメージ倍率10%はPP30%以上の制限があるので、PP消費の少ない風やボルトテックPPセイブを前提とした雷と相性が良さげです。

しかし、風属性タリスとしては既にガルウィンドがあります。倍率もクオツリトスが10%なのに対してガルウィンドは20%です。フレンドから聞いた話ですが、倍率10%あたり300の攻撃力(この場合は法撃値)を目安として考えるとわかりやすいとのことです。

クオツリトス+10で法撃値1,283に対してガルウィンド+10は1,014で269の数値上の差があります。これは10%倍率が300位の差として考えると、ガルウィンドの方がやや強いということになります。

psod-20160204-01
ガルウィンド、ピオニリンク、クオツリトスの与ダメージ計算

しかし、高レアリティの武器には謎倍率というものが存在しているらしいです。ダメージ計算を行ったところ、謎倍率のお陰で弱冠クオツリトスの方が高いダメージとなるようです。ちなみに謎倍率を外すとガルウィンドの方が高性能なようです。

一方、雷属性のタリスと言えばピオニリンクですが、こちらのダメージ倍率は16%で、法撃値も+10で971とクオツリトスと比較して312も開きがあります。上記のグラフでも約6%の差があるので、誤差というには大き過ぎる値ですね。

総括

  1. ガルウィンドよりもクオツリトスの方が1%ほど強い。
  2. ピオニリンクよりクオツリトスの方が6%ほど強い。
  3. クオツリトスの潜在発動にはPP30%以上を維持する必要がある。
  4. ガルウィンドならザンバースにも与ダメージ倍率が乗る。

ヴェルスキンの出した結論

☆13武器をポンポン用意できないので、費用対効果の大きい雷にします。

極論

費用対効果とか気にしないなら、全部オフスティアにすればいいと思います(適当)。

注意点:上記記載は私の個人的な意見なうえ、情報もゲーム上で検証したものではありません。

ヴェルスキン
ヴェルスキン
【Viator|ヴィアトル】の創設者兼マネージャーです。エマージェンシートライアル『赤子』の為、無反応になったりします。どこか楽しそうなチームへ移行するまでTP貯めるためにチーム作りましたが、方針転換してチームメンバーを集めることにしました!立ち上げメンバー募集中です(`・ω・´)ゞ Twitter: @velskin

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。