【考察】火焔ラ・フォイエとオフスティアアルム

こんばんは!欲しい武器のためにレアドロップブースト+300%を惜しみなく使って、欲しくもないヤミガラス(☆12、7スロット)を引き当てるヴェルスキンです。いや、強化すれば強いし嬉しいんですが、カタナにまで手を出す余裕がありません。(´・ω・`)

強化コストさえ無ければ素直に喜べたものが……
強化コストさえ無ければ素直に喜べたものが……

売るとしても市場価格を参考にする限り、適正価格だと高すぎて売れない気がします。誰か高く(←ここ重要)買ってください><


さて、今日は火焔のラ・フォイエとオフスティアアルムについて検証してみたいと思います。

オフスティアシリーズは最強の☆13武器として登場しただけあって、その威力は絶大です。ヴェルスキンは正直言って検証する必要性すら感じていませんが、ベクリュサバーカ検証記事の時みたいに予想外の結果があるかもしれないので、バグを修正したばかりの計算プログラムで理想値を出してみることにします。

まずは前回と同様に結論から……。

【結論】

  • 火焔のラ・フォイエ使用時において、ベクリュサバーカよりオフスティアアルムの方が瞬間火力が約21.6%高い
  • 継続火力はプレイヤースキルに依存するが、オフスティアアルムの方が期待値で約13.0%高い
  • PPコンバート無しでも継続火力はオフスティアアルムの方が約2.7%高い

ぶっちぎりでオフスティアアルムが最強ですね。言わんこっちゃない……(´・д・`)

【火焔のラ・フォイエ】

あ、これまだ続けるんですか?_(:з」∠)_

まずは火焔ラ・フォイエの復習です。皆さんも大好きラ・フォイエは標準のあった位置に爆発を起こして敵を攻撃する、いわゆる座標系の炎属性テクニックです。

外れることがほぼ皆無で射程も長くて使い勝手がよく、フォーススキルのフレイムテックSチャージを取得して防衛系緊急クエストで連発するアークスも多いことでしょう。肩越し視点にすれば標準の定まらないほど遠くの敵やオブジェクトにも攻撃可能な点も魅力的です。

そんな便利なテクニックですが、デメリットとしてはテクニックの中では威力がやや低い点が挙げられると思います。例のラ・グランツと比較してPP消費量が2/3、倍率が4割以下でPPあたりのダメージ量が低いことが分かります。

まぁ、ラ・グランツが強いのもありますが……。

さて、そんなラ・フォイエの威力を約17.1%~26.9%底上げしてくれるテクニックカスタム(レシピ3、レベル17の場合)が火焔のラ・フォイエです。

強化系テクニックカスタムはPP消費量増加など手痛いデメリットが多いのですが、火焔のラ・フォイエはレシピ1~2ではチャージ時間が0.20秒~0.70秒増えます。フレイムテックSチャージに10スキルポイント振っている場合、値は実質半分になりますが出来る限り最小値を目指したいデメリットです。

しかし例のごとく、レシピ3では状態異常発生確率が10%~18%低下するデメリットに変わっているため、あまりデメリットを気にすることなくメリットの厳選に取り組めます。またレシピ3では特殊効果として0.05秒のチャージ時間短縮があるため、最短0.475秒でチャージを終えることができます。

ラ・グランツよりも威力は低くても、即時発動する座標系テクニックなので高速で動き回る高難易度のエネミーに使いたいテクニックです。プレイヤースキルの問題かもしれませんが、少なくともヴェルスキンは走り回るXHのゴルドラーダにラ・グランツなんて当てられません。

反面、ラ・フォイエならほぼ確実に当たってくれます。

【オフスティアアルム】

強いです。以上。

オフスティアシリーズはその暴力的な攻撃力の高さだけでなく、その潜在能力、闇き解放は潜在レベルに応じて与ダメージが6%~12%上昇し、PP自動回復速度が潜在レベルに関係なく10%上昇します。

PP自動回復速度にはフォーススキルのチャージPPリバイバルによるチャージ中のPP回復にも適用されるので、フォースと相性の良い潜在能力だとヴェルスキンは考えています。

しかし、用意するのに大変な労力と時間を必要とすることから、ヴェルスキンのようなへっぽこアークスでは何本も揃えることはできません。属性ごとに武器を揃えたほうが良いフォースにとってこれは大変なことです。

最も費用対効果の大きい属性を最初に目標へ据えるのが現実的でしょう。

【ダメージシミュレーション】

ではでは、ダメージシミュレーターを使って計算してみまして、DPS(秒間ダメージ)とDPM(分間ダメージ)を算出してみましょう。

※当然ですが敵は暢気に1分間も棒立ちしてくれません。以下のダメージ量は比較するための参考値としてご理解ください。また、以下の計算は0.001秒の狂い無いジャストアタックなど、イアイマスターもびっくりの人間離れした要素を多分に含んでいます。

<前提条件>

  • PP:210
  • シフタ等の強化を含む法撃値(武器除く):1,700
  • 火焔のラ・フォイエ:Lv.17、メリット値+110%
  • PPコンバートあり:テクニックを4回使ってから使用
単体の火力差はラ・グランツと大差ないが……
単体の火力差はラ・グランツと大差ないが……
PPコンバート ベクリュサバーカ オフスティアアルム
ダメージ総量 チャージ回数 ダメージ総量 チャージ回数
DPS n/a 21,414 1回 26,050 1回
DPM あり 578,178 54回 703,350 54回
なし 481,815 45回 494,950 38回

さて、最初の結論に書いたようにDPS、DPM(PPコンバートあり)、DPM(PPコンバートなし)のいずれもオフスティアアルムの方がダメージ量が多い結果となりました。DPM(平均値)ではオフスティアアルムの方がベクリュサバーカを基準として約13.0%ダメージ量が多く、勝敗は明確です。

ラ・グランツの場合は僅か約0.6%の差しかありませんでしたが、約13.0%であれば無視できない値です。弱点とするエネミーも比較的多いため、炎属性は光属性の次に重要とも言われています。ヴェルスキンも何とか一属性、オフスティアを用意してみたいものです(できるとは言っていない)。

ところで、いくら理論値と言えども1分間に54回もチャージ出来るのでしょうか?この計算結果に疑問を抱きますが、きっとイアイマスター級アークスなら達成可能でしょう。まぁ、ヴェルスキンには到底真似できませんけどね!

【極論】

全属性オフスティアアルムなら間違いないです(^q^)

注意点:上記記載は私の個人的な意見なうえ、情報もゲーム上で検証したものではありません。

ヴェルスキン
ヴェルスキン
【Viator|ヴィアトル】の創設者兼マネージャーです。エマージェンシートライアル『赤子』の為、無反応になったりします。どこか楽しそうなチームへ移行するまでTP貯めるためにチーム作りましたが、方針転換してチームメンバーを集めることにしました!立ち上げメンバー募集中です(`・ω・´)ゞ Twitter: @velskin

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。